自律神経失調症の改善方法3〜漢方〜

jiritsukaizen

自律神経失調症には、西洋の薬よりも、漢方が効く場合が多いようです。

半夏厚朴湯 不安感がつよく、咽頭や上胸部に詰まった感じや何かひっかかった感じがあり、呼吸困難、動悸がある
柴胡桂枝乾姜湯 疲れやすく、動悸、息切れ、口渇、肩凝り、のぼせ、冷え、抑うつ、不安、焦燥感がある。
補中益気湯 疲労感が強く、不眠症がある。
桂枝茯苓丸 肩凝り、頭痛、めまい、のぼせ、冷え、動悸、月経不順などがある。
桂枝加竜骨牡蠣湯 冷えやのぼせ、動悸、疲れやすいなどの身体症状、興奮しやすい、不安、不眠などの精神症状がある。
抑肝散 短期で怒りっぽく、動悸などの身体症と、不安感、焦燥感などの精神症状がある。
苓桂朮甘湯 めまいを伴う動悸や立ちくらみ、のぼせなどの症状がある。
当帰芍薬散 冷え、腰痛、頭痛、めまい、動悸、疲労感などがある。
桃核承気湯 のぼせ、頭痛、めまい、耳鳴り、不眠、動悸、便秘などの身体症状と不安感がある。
柴胡加竜骨牡蛎湯 不安やイライラ、怒りっぽい、不眠症などの精神症状と、動悸、胸部痛などの胸部症状
桂枝加芍薬湯 下痢、腹痛などの過敏性腸症候群がある

ご予約はこちらからお願いします

« »