自律神経失調症の治療は和光市マッサージ・整体のあせろら整体院。
何人もの自律神経失調症を改善してきました。

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは、「病気ではなく」「特に原因も思い当たらないのに」

などの症状が出るというものです。

自律神経失調症とは、交感神経と副交換神経の2つから成る自律神経のバランスが崩れた時に発生する症状の総称。

心臓を動かす、息をする、夜目を閉じていると眠りにつく、胃で食べ物を消化する...。これらは我々の意志で行なっているものではありません。

これらのことは、「自律神経」が勝手にやっているのです。

場所でいうと、血管、リンパ腺、内臓などです。

日本心身医学会では「種々の自律神経系の不定愁訴を有し、しかも臨床検査では器質的病変が認められず、かつ顕著な精神障害のないもの」と暫定的に定義しています。

など、多様な症状があります。

交感神経と副交感神経

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経のバランスが乱れることによって起こります。

交感神経とは、起きているときに、心身を活発にする神経です。

瞳孔を開き、心拍数を上げ、心身を緊張させます。

副交感神経は、睡眠時やリラックス時に働く神経。

瞳孔を縮小し、心拍数を下げ、リラックスさせます。

お気軽にお問い合わせください

 
お名前
Mail
(半角)
性別 男 
希望日時
お問い合わせ内容

院長 そうま武

自律神経失調症とは

自律神経失調症の症状
自律神経失調症の改善方法

和光市のマッサージ