不眠の改善は和光市マッサージ・整体のあせろら整体院。
何人もの不眠を改善してきました。

自律神経失調症の代表例・不眠

自律神経失調症といえば不眠です。
眠りとは、昼間に働いている交感神経が、副交感神経に変わることで落ちていくものです。

交感神経は、

副交感神経は、

という働きをしています。

これを切り替えているのが自律神経なのですが、そこが不調になると、眠気に響いてきます。

血流のにぶさが自律神経をおかしくしてる

体がゆったりとリラックスしている時に副交感神経が優位になるはずですが、血流が滞っていることにより、スイッチが切り替わらないことがあります。

脳の血流以外にも、体の筋肉の硬直により、異常な信号が脳に送られてしまっているということもあります。

スイッチがおかしくなっていて、交感神経が優位な状態なので、眠れなくなっているのです。

筋肉をほぐして、信号を正しくしましょう。

不眠の改善は和光市マッサージ・整体のあせろら整体院におまかせください。

お気軽にお問い合わせください

お名前
Mail
(半角)
性別 男 
年齢
希望日時
お問い合わせ内容

院長 そうま武

自律神経失調症とは

自律神経失調症の症状
自律神経失調症の改善方法

自律神経失調症と漢方

和光市のマッサージ